仲人ブログ

仲人ブログ詳細

シャガールの絵はいかが


 屋根の上のバイオリン弾きに関して思い出すのは画家シャガールである。
シャガールの「バイオリン弾き」という絵である。
この絵は本当に屋根の上のバイオリン弾きという感じがする。
シャガールはユダヤ人であり、ロシアのビテブスクという村で生まれ育った。
映画に登場する村とそっくりである。
いやきっと映画の方がビテブスクを思い描いて映画を作成したのだと思う。
シャガールの絵にはふるさとビテブスクを思い起こさせる風景が
あちらこちらに現れる。教会、農家、鳥、牛、ヤギなどである。、
たぶん、この牧歌的な雰囲気が、シャガールの絵の素晴らしさにつながるのだと思う。
そしていろいろなものが空を浮遊している。夢の中のようで幻想的である。
バイオリンが出てくるものも多い。ビテブスクの村ではどこの家にもバイオリンが
あったのではないかと思われる。
「大草原の小さな家」でもローラのお父さんは、バイオリンを持ち運んでいる。
昔のヨーロッパの人たちにとって、
バイオリンというのはとても生活の身近にあったものと思われる。

うらかつ

住所
〒236-0016
神奈川県横浜市金沢区

アクセス
横浜駅から電車で15分
金沢文庫駅付近にてお打ち合わせを行います。

TEL 045-512-2212
営業時間 10:00~19:00
お休み 土・日・祝・年末年始・お盆

うらかつのfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1OmJHGS
  • facebook
  • twitter